トータルタックス税理士事務所【相澤豪税理士事務所/行政書士事務所】

法人の経理・決算・税務

法人の経理

会社の経理を立て直したい

経理は会社の鏡です。
経理は企業が成長していく上でも基礎となる欠かせない業務になりますので、
経理体制をきちんと構築することにより正確な経営判断を行うことができます。
個人でも法人でも義務としては年に一度、決算を行い税務署に申告書を提出すればいいのですが、
これでは、毎月どれだけ儲かっているのかを把握していないことで正しい経営判断をすることができない上に、
決算対策をせずに税金を払いすぎることにもつながります。

そこで当事務所では、以下の点で経理体制の構築を行っております。
 

 

正しい経理処理を行います!

経理処理をするにあたって、当事務所との関係は2通りあります。
  • 当事務所に領収書等の書類をお送りいただいて当事務所が経理帳簿をお作りする
    (いわゆる記帳代行)
  • 会社側にて記帳作業を行い、当事務所で帳簿をチェックさせていただく
    (いわゆる自計化)
最近の潮流は自計化です。自計化するメリットは、会社側で経理処理を行いますので自社で早く経営成績を知ることができます。ただ、自計化するには会社側での作業が多くなるというデメリットもあります。当事務所としては、正しい経理処理ができればどちらの方法でも構わないと考えておりますので、会社の希望を聞きながら決めています。

 

月次決算をします!

年に一度の決算が義務となっていますが、年に一度しか経営成績や財務状況を把握できないとすれば、事業の拡大は望めません。
当事務所では、毎月月末締め→翌月15日頃までに経理作業を終わらせ、「報告書」を作成して経営者の方にご報告し、経営判断の重要な材料として使っていただけるようにしています。

 

経理の仕組みを進化させます!

経理作業は一度決まるとなかなか変えたくないものです。
一般的に、経理作業はルーティンワークだと考えられている面もあるからでしょう。
ただ、経理作業を効率化できればお金も時間も節約することができます。
情報機器の進歩や時代の変化に応じて、経理作業も進化させることができるはずです。
顧問税理士として経理業務が効率化できるよう経理の仕組みについてご提案するようにしています。

CONTACT

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP